考の証

要は健忘録

日記

外からの眺め

つい先日、アカデミック主催のセミナーへ参加した。費用はすべて会社持ちということで、仕事へのモチベーションの低かった私は意識高い高いをするために参加申し込みをしていた。そのセミナーでは今まで深く勉強してこなかった内容について講演があり、とて…

諦めること

TwitterのTLにこんな記事が出ていた。 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55873 ルイ53世が一発芸人たちを取材した本を出したらしい。中々キツイところに行くなぁと思ったが、読んでみたいとも思う。そんな本を出した彼との対談が本記事であるが、その中…

ご機嫌斜めの治し方って?

先日書いた日記では星を頂けました。アクセスが若干伸びていたのはきっと政治について少し書いていたからだろうか。それで反応が貰えるのであれば、書いてしまう気持ちは理解できる。世の中よくわかっていないのにドヤ顔で政治について語る人が消えない訳は…

食券は偉大である

今日は仕事終わりに駅近くにあるラーメン屋に行ってみた。有名な店らしく、いつも行列が出来ていたので少し期待していた。この店では並んでいるときに店員が注文を聞きに来るのだが、同じ人に何回か注文を確認しにきていて嫌な予感がした。私はラーメンとヤ…

気付き?

最近は朝起きて会社に行きたくないときには有休を使って休むことが増えた。次に付与される9月までに有休が残るかが非常に不安であるが、まあなんとかなるやろの精神で生きて行きたい。 そして気付いたことがある。非常に今の仕事には不満があるし、やる気も…

精神病み病み

死にてぇ

変化のない日常

先日久し振りにブログを更新した。そのときに振り返るつもりで今まで書いたブログを読んでみたが、始めた当初から書いていることにほぼ変化がない。それは現状への不満やそれを変える意思の無さ、人生への不安、他人への忌避感であったりした。つまるところ…

生存報告

強いて言えば、これを見るであろう未来の自分に対する生存報告。ブログを放置して久しいけれど、生活はほとんど変わっていない。スプラトゥーン2はS+で安定して戦えるようになったけれど、カンストまではまだまだ遠い。カンストまでやりこみたい気持ちはあ…

呪いの話

つい前、オバさんを笑う若い女性に「自分に呪いをかけるな」というお話が盛り上がっていたのを覚えている。この呪いというものはとても厄介なもので、その存在に気づいてしまったが最後、ずっと人生につきまとっていく。まさに呪いとしか言い様のないものだ。…

初夏の日差しを浴びて

最近は季節がゆっくりすぎている。数年前は冬が終わったときには夏になっていたし、夏から一気に冬になっていたように思う。昼は少し暑いが、夜は少し寒い。ちょうど良い季節になってきたが、もう梅雨だ。あの陰鬱な、いつまでも続くような雨を待ちわびてい…

無気力

最近は全てに対して無気力だ。頑張って更新しようと思いつつも、何も思いつかずにずっと何も出来ずにいる。 私はどうすればいいのだろう。

生きる世界について

この地球上には様々な物が存在し、多種多様な生物が生きている。存在する世界は一つであるが、生きる人々にとって、その世界の見え方はきっと違う。それは無数の世界があると言っていいのではないだろうか。 様々な人と接していけば、当然色んな印象を受ける…

言えないことがたくさんある

最近の休みは、コーヒー豆を友人からもらったのでミルからハンドドリッパーまで揃えてコーヒーを淹れている。なんの知識もないが、今日は我ながら上手く淹れられたと満足した。 飲み会の次の日には酒が重くのしかかる。ジョッキ4杯のハイボールとスナックで…

現状と過去の可能性

iPS細胞といった様々な細胞へと分化することができる。そういった様々な細胞へとなれる性質を幹細胞性という。通常、そういった細胞は体の中では適切に分化していく、もしくは未分化の状態で保たれている。だが、幹細胞を体外で培養していくと、何にも分化し…

帰ってきたら冬になっていた。

先日ミュージアムを、今日はデスノートを見てきた。 ミュージアムはニュースでカエル男の正体を知らされて萎えてしまったが、時間があったので見に行ってみた。 これは終始気分の悪くなるような映画で、あまり好みではなかった。ただ、原作を読んでから思い…

仕事と私

電通の自殺が労災になってからだろうか。今までは最速で結果が出るようなスケジュールを立て、それを上司に見せて仕事をしてきたが、最近は少し毛色が変わってきた。 「ずっとトップスピードでかけ続けると、いつか倒れる。だからもっと余裕を持って仕事をし…

逃避

延びに延びた出張は、ついに明日からとなった。これまでもそうだが、出張という現実を拒むように私は何の準備もしていない。それどころか、酒を飲んでいる。まだ洗濯もしていないし、明日の切符の予約すらしていないというのだから、これからどうなるかが全…

憂鬱の始まり

久し振りの更新。以前の記事を見ると、出張帰りのことが長々と書かれていたが、またこれからその生活が始まるのかと思うと憂鬱な気分になる。 この一月、いろいろなことがあった。本社に戻ると新入社員が研修に勤しみ、彼らを歓迎する会が幾度も開かれていた…

雑記

3月は出張で一月も帰ってこなかった。あの生活は本当に人間がしていい生活ではなかったと改めて思う。この仕事場の人たちは感覚が麻痺しているんだろうという諦念と、なぜ今まで過労死が出ていないのかという疑問しか湧いてこない。 通常の勤務は8:45〜…

ここ二日、暖かい日が続く。職場でも作業着の上に防寒着を着て過ごしていたが、今は作業着のままで暑い。通勤中にはコートやマフラーも必要なさそうな気候で過ごしやすい。そんなことを考えながら電車を待っていると、普段見慣れない顔のスーツを着た人たち…

風邪と年月

昨日、寝る前に喉が少し痛いことに気付いた。これは風邪を引いたなと思っていたが、起きてすぐその直感が当たっていたことが分かった。しかも悪いことに会社に着いてから、風邪特有の頭がグラグラする感覚に襲われた。今日の仕事は木曜まで頑張ったおかげか…

始まり

某社畜アカウントに触発されてブログを開設した。以前から日頃から文章を綴っていきたいと考えていたが、こういうきっかけがないと始める気にすらない。この辺りは怠惰な人間性が現れている。そしてこのブログがいつまで続くかというのも気になるところであ…