考の証

要は健忘録

Death Note : Light up the NEW worldの唯一良かったところ。

 めっちゃネタバレするよ。

 と始めようかと思ったけど、あれだね。ツイッターに投稿しちゃうと初めの文章結構みれるのね。これじゃネタバレ回避のためにブログで書いている意味がない。ので、近況を話しますと、今日だけで15万円ぐらい服や時計に使ってしまいました。こう、大金を気にせず使えるようになったのが大人になった証拠なのかなと思いました。


 昨日のブログに書き忘れていたけど、デスノートの唯一良かったところは弥海砂の最期。

弥海砂 心臓麻痺 午後14時40分 夜神月の腕の中で死ぬ」

 という言葉を見た時に、多分見た人は「ん?」って思うはず。デスノートのルール上、操れるのは死ぬ人間だけであり、その死因に他の人の名前を出してもそれは実現せず、その場合は二人とも心臓麻痺で死ぬ。そしてこのシーンでは、夜神月が死から蘇ると言われていた(そんなわけないけど)。このルールは海砂も知っていて当然で、もし本当に夜神月が復活するのであれば、この書き方は非常に不味い。
 しかし、この時に海砂は死神の目を取引して手に入れおり、夜神月の写真を見ることで月が本当に死んでいることを再確認している。つまり、海砂は月が死んでいて蘇らないと理解しており、だからこそデスノートにこの書き方が出来た。でも、この書き方をしても海砂の望みがノートのルールの面でも、夜神月が蘇ることはないという現実的な面でも、決して叶わないことを海砂は知っているのに、それでもこの死因で死ぬと決めた。このときの海砂のことを考えると、凄くくるものがある。あのラストから10年経った海砂は可愛いから美しいにチェンジしたけれど、それは外面だけでなく内面でも成長していたけれど、それがこの結末を迎えるという、こう、言葉に出来ない良さがある。


 まあ、他の面について言えば、デスノート所持者の青山さくら(だっけ?)が死んで警察にノートが渡った際、初めに素手で触り死神を見た竜崎に、つまり所有権は竜崎にあるのだけれど、そのノートを落としたベポが憑かないというのはルール上あり得ない。また6冊のデスノートがあるはずなのに、本作に出てくる死神はリューク、アーマとベポのみ。そりゃ紫苑に4人も死神が憑いている図というのは非常にシュールなのだけれど、ルール上はそうなるはず。それにアーマが砂になるときにノートまで砂になるのは、7冊目のノートが持ち込まれたから無効化の証とも言えるのだけど、ここはそのまま残ってスペア的存在になるのが筋なのじゃないかとも思う。それにしてもデスノートを6冊移動させるときに死神6人がひょこひょこついていくという図は非常にシュールだけれど、その場で反省会をしているのならそれはそれで面白いので是非映像化していただきたかった。


 そういうわけで、デスノートのルールを守る気のさらさらない脚本を思えば、この弥海砂の死因というのは実はそこまで考えていない偶然の賜物かもしれないけど、とても良いと思いました。

帰ってきたら冬になっていた。

 先日ミュージアムを、今日はデスノートを見てきた。

 ミュージアムはニュースでカエル男の正体を知らされて萎えてしまったが、時間があったので見に行ってみた。
 これは終始気分の悪くなるような映画で、あまり好みではなかった。ただ、原作を読んでから思い返すと、この映画は原作を越えたいい映画であったと思う。カエル男の犯行は、それはそれは見てたら気分の悪くなるようなものであったけど、原作はそこまでの描写ではなかった。一つ一つの犯行にしっかり情熱を注いでいたことがわかる。そしてカエル男の演技の良さ。主人公の小栗旬も中々気迫に満ちた演技で、クライマックスは良かった。
 気持ち悪い、グロいという意味では見る人を選ぶであろうが、これは良き実写化映画の一本だと思う。


 そして今日見たデスノート。これはひどかった。ストーリーは2時間という短い時間に収めようと、上手く凝縮してまとめきれていたとは思う。だが、肝心の中身がない。ほぼ原作のオマージュで終わる。本作での新要素は、デスノートが6冊あるというだけ。役者の演技も癇癪持ちかよっていうぐらい、キレまくるばかりで冷静さのれの字もなかった。脚本なのかもしれないけれど、もっと落ち着いた心理戦を見せて欲しかった。
 この映画に関して言えば、原作という名の親の脛を齧るだけの映画だったと思う。良かったのは年齢を重ね美人になったミサミサだけだった。



 と、しばらくの出張が明けてから暇を持て余している私です。出張に行く前には少し暑い日もあったというのに、帰って来れば息も白い冬に変わっていた。今回の出張は凄まじい連勤であったことを除けば、まあ人道的な範囲の勤務であった。だが作業量が尋常なく増えたこと、異動等もあり初めての出張者が居たこともあり、私には凄まじいストレスがかかってきた。目の前にはこなさなければならない仕事があるというのに、それを自分では扱わず他人に任せなければならなかったこと。そして予定が過ぎてもその仕事が終わらない。そんなことも気にせずに仕事は次々降り注いでくる。
 そんな中思ったことは、やはり人間は容易く変わることができないのだという実感。しばらく鳴りを潜めていた人格が目覚めたような感覚。上昇志向のない、やらなければならないことに対する執着心のない人に対する苛立ち。これは自分の歪んだ性格に起因した、自己肯定を得るための行為をいつの間にか他人にも求め、その行為をしないことが理解できないという理不尽な思考に根付いたものであることは理解している。多分、自分が求めているレベルに達していない人は、それが自分であろうと他人であろうと許せないのだろう。なんて面倒な人間だろうかと、今これを書きながら思っている。

 そして帰ってきた。何もすることがない。急に束縛から解放されても、その時間を持て余してしまう。こんな時、大多数の人は何をしているのだろうかとぼんやり考えていた。そして、みんな友人や恋人とこの暇な時間を過ごして潰しているのかと思い、納得してしまった。不定期に長い出張がある身としては、まともな交友関係を築こうとは思えない。これは言い訳になるんだろうか。元々基盤のある人間が関係を広げるのは楽だが、その基盤を持たない人間であれば、この出張というのは重い枷になる。

 ああ、早くこの呪縛から解放されたいと切に願う11月であった。

「何者」見た。

 洗濯していて寝られないので、先日見た「何者」についてネタバレ前提でつらつら書いていこうかと思う。




 役名を対して覚えていないので、役者名で書いていく。



 まず、二階堂ふみが怖い。その怖さが発揮された後のシーンにでてくる有村架純には本当に癒された。有村架純は大学一年生(?)から就活時までの姿で出てくるが、一年生であろうときの姿は、垢抜けない田舎娘っぽい雰囲気が出ていた。これはメイクさんがすごいのか、ただただ感心した。アイアムアヒーローではあんなに美人だったのに、こう映るとは。


 ・・・結論から言うと、佐藤健が最後にクズとして明かされるのだけれど、それに私は安心した。本作では彼の内面や性格はあまり描写されていない。そのため、受けた印象は「なんだか周りに馴染めていない」「キョロ充」「斜に構えてなにもしない人間」という感じであった。そんな彼だが、最後に匿名のツイッターアカウントで就職活動をするための5人のうち3人(自分と有村架純を除く)を、本人は客観的かつ冷静的に分析していると思っているのだが、馬鹿にしている内容のツイートをしていた。顔には出さず、影で人を馬鹿にしていた彼を見たとき、私はよかったと思った。それまでの彼は演劇の夢を諦め、就職活動も上手くいかない、何者にすらなれないよう描かれていた。これで彼が影で悪口を言っていなかったら、彼はクズにすらなれていない。彼はこの世で何者にすらなれない。誰かの、何かになる権利すら得られていなかった。そんな彼に「クズ」という称号が与えられたことは、この世界の中における佐藤健が得た居場所そのものといっても過言ではないと思った。これが安心できた理由だろう。

 そんな彼だが、就職活動に演劇関連の企業を選ばなかったのが不思議だった。というよりも、演劇サークルで台本や演出を烏丸ギンジと共に担当し、演劇に熱を込めていた彼が、「何者」かであったであろう彼が、徹底して「何者でもない」姿として描かれていたことに疑問を持った。こういうクズの役割というのは、何に対しても本気になれない、もしくは自分を現実で順位づけしたくないがために何かにつけ言い訳をして本気にやらない人間が選ばれるものだろう。これについては特に原作でも描かれていないようだ。
 これは私の推測であるが、就活が上手くいかずに留年した佐藤健が、初めの1年目に受けたのが演劇関連の企業だったのではないだろうか。今までの自分の努力、かけてきた時間といった諸々を懸けて挑んだ就活に、一度彼が負けたのではないだろうか。だからこそ、今でも演劇に対して全力を尽くす烏丸ギンジが無視できなかったのではないだろうか。

 作中で菅田大輝は、内定を得た後に佐藤健に確かこんなことを言っていた。
 「内定って言葉、不思議だよな。それをもらうだけで自分が全肯定された気がする。」
 「足が速いことと一緒で、俺はただ就職活動が上手かっただけなんだよな。」
 「俺、なんで拓人(佐藤健)に内定が出ないのかわからない、嫌味じゃなくて。」
 逆を言えば、内定を取れないということは自分が全否定されたように感じる。自分のしてきたことを認めてもらえなかった。そんな思いが佐藤健の中にあったのなら、就活1年目には「何者」かであった彼は、「何者」になれなくなったのではないか。


眠くなってきたので、続きは後日更新。

仕事と私

 電通の自殺が労災になってからだろうか。今までは最速で結果が出るようなスケジュールを立て、それを上司に見せて仕事をしてきたが、最近は少し毛色が変わってきた。

 「ずっとトップスピードでかけ続けると、いつか倒れる。だからもっと余裕を持って仕事をしよう。」

 そんな言葉が聞けるとは正直思っていなかった。

 「意味の確認ですが、余裕というのは日程の後ろですか、それとも一日でのことですか。」

 なので、こんなことを聞いてしまった。もちろん、一日一日できる範囲で仕事をしていこうということで、今週はかなりゆっくりとしたペースで仕事ができた。また、人員を一人借りれたのと、10月から部署に来た先輩の3人がかりで進めたというのもあり、スケジュール的にも精神的にも余裕を持って仕事ができた。ただ金曜日に出てきたデータの整理をほとんどしていないので、月曜は色々することがあり大変だ。今になってほとんど準備できていないことにも気付いたので、少し早めに会社に行って仕事を始めなければならなさそうだ。


 そんなことを考えていると、今の生活は完璧に仕事を中心にしていると感じた。実際、自分の交友関係を広げたり、趣味に時間を費やしたりということはほとんどしていない。交友関係については、ここ数年深い仲になるような人付き合いを意識的にしていなかったので、しようとしてもすることがないというのが実情だ。趣味についても、頻繁に長期出張があると本格的に何かを始める気にもならない。ただ、仕事もお盆明けから先週までかなり忙しい日々が続き、最後の方は精神的に参った状態で仕事をしていた。もしかしたらそんな空気を上司は感じ取って、仕事のペースを落とすように言っていたのかもしれない。申し訳ない気もするが、正直人員不足を承知で、結果として補充できていない現状を見ると、管理職の職務怠慢な気もするのでここは傲慢な態度で行こうと決めた。

 仕事詰めの生活をしていると、仕事での充実度が日々の精神状態に効いてくる。間違いなく、他人から指示をもらい仕事をするよりも、多少きつくとも、自分でスケジュールを立て人に仕事を割り振っていく方が楽しい。それに対して能力の低い人の元で働くのは辛い。他にも仕事があり、忙しい状態でちんぷんかんぷんな指示をもらい、結果がでないと知りつつもそれをこなせる人間など、この世にどれだけいるのだろうか。少なくとも、自分はそんな健気な人間ではないことは確実なので、噛み付いていると他の人に諌められ、さらにストレスが溜まるという悪循環に陥る。今まではそんなことを思わなかったが、旧帝大の人間は優秀であったのだと今更実感してしまう。


 そんな生活をしていると、先輩や上司からは恋人を作らないのかという話をたくさんもらう。同期が見かけによらず肉食系なことや部署の人の大半が結婚しているからか、その話題は飲み会の度にでてくる。誰かと付き合うという行為は、ここ数年親しい友人を作ろうとしてこなかった自分にとってはかなりハードルが高い。自分の内面に踏み込まれることに抵抗感を覚え、それが親しい友人を作るのにすら忌避的になっていると思えば、これも悪循環に陥っていると言える。それに、他人の人生に一生関わる価値が自分という人間にあるのかと問われれば、そうだと即答できないことを思えば、誰かと付き合うというのは難しいように思える。結婚している人たちは、自分にそんな価値があるのだと思っているのだろうか。おそらくはそんなことを考えていないし、むしろ自分という人間を他人に捧げているという感覚に近いのかもしれない。その考えでも、捧げる価値があるのかなどと問いたくなるのは無粋なのだろう。そんなこと、普通の人はきっと考えていない。


 何者を今日見てきた。その感想でも書こうかと思ったけれど、眠くなってきたので諦めた。

 最近左目だけ視力が落ちたみたいだ。と思ったら去年の健康診断でも似たようなものだった。たまに視界がぼやけたりしてしまう。でも、今ぼやけているのはきっと眠いからだ。もう布団に入ろう。



 それでは、おやすみなさい。

なにか。

 一瞬、何かを感じる。その感触は永遠に続くのようにも思えた。

 その余韻が終わったとき、またその瞬間が訪れた。今度は強く、激しく身を貫くようなものであった。

 そして世界は一気に開けた。その瞬間、私という存在が続くことが許された。感じるのは温かさ、振動、そして浮遊感。ピリピリとした感覚が全身を貫くが、その全身は一体どこまでの領域を指すのかを理解することができなかった。何か違う感覚を感じるときもあったが、それが何かを認識する術を持っていないことにしばらくして私は気付いた。ゆらゆらと揺れる中、今まで感じた揺れとは違う、もっと微細な振動を感じた。その次の瞬間、今までに感じたことのない衝撃とともに私という存在は途切れた。

逃避

 延びに延びた出張は、ついに明日からとなった。これまでもそうだが、出張という現実を拒むように私は何の準備もしていない。それどころか、酒を飲んでいる。まだ洗濯もしていないし、明日の切符の予約すらしていないというのだから、これからどうなるかが全く心配である。まあ、私自身は何も憂いてはいないのだが・・・。

 最近は出世欲というものが徐々に湧いてきた。それはこの組織は私が変えてみせる、変えることができるという私の傲慢さであり、面の皮が厚くなってきたことを指しているのだろう。だが、まだ出世したからどうなのだという思いも断ち切れずにいる。今は仕事で平日はもちろんのこと、土曜日も出勤している有様であり、正直なところライフワークバランスなど糞食らえという生活を送っている。平日も休日も、仕事している時以外は寝ているだけだ。そうでなければ体が持たない。そういう生活であるのに、友人に会うだとか、はたまた恋人を作るなどというライフを充実させるためのバイタリティーなどが存在できるわけがない。あわよくば友人や恋人と会うにしても、構ってやれる自信がない。そういう生活を送っているため、仕事にどんどん傾倒していくスパイラルが生じるのは当然なのかもしれない。果たして、このまま人生を過ごしていった結果がどうなるのかというのは考えたくもない。


 そんな生活をしているせいか、徐々に体が不調を訴えてきた気がする。胃が重い、朝が起きれない、頭が重い、気力が湧かない、etc. そういう体の不調を感じるたびに、
  「ああ、この体、この細胞の異変をなんらかの不調という形でしか私という意識は認識できていない。体は私という意識に従属しているのではなく、体が私の意識そのものを従属させているのだ。」
などということを考えてしまう。体を動かすことができるが、そのとき何が起きているのかを私は理解できない。体が痛みを出したとき、私という意識は痛みこそ認識すれど、その原因を認識することはできない。・・・この思考をうまく人に伝えられる自信はないが、最近はやはり私という意識は魂というスピリチュアルなものなのでは決してなく、化学反応の賜物であり、脳が見せる私という幻影なのだろうと考えてしまう。


 缶の酒を二本空けただけで完璧に酔いが回ってしまった。自宅で酒を飲むとよく酔うのはわかりきったことではあるが、ここまで自分が酒に弱かったかと実感すると少し自信をなくしてしまう。


 そういえば、先日23時過ぎに友人から電話がかかってきた。声のその先の喧騒から、どうやら飲み会であることは察せたし、私に電話が飛んできたことからどういう集まりかも理解できた。その場にいる人についても、私はだいたい予想ができた。そのとき、私はちょうど仕事の移動中であり、電話に出ることができてしまったのだが、とても電話で話す気分になれなかった。その理由は、電話の向こうにいる人だったのは、十二分に、嫌という程のそのとき理解してしまっていた。私のエゴに付き合わせた人、私がいいように手元に置いておきたかった人、私の都合のいい人でおいて欲しかった人、そしてもうこの関係性が相手のためにならないと私が縁を切ろうとした人。こう書くと私が最低なように思えるが、まあ実際その通りで、最低な人間なのでいいとしよう。実際、縁を切ろうと何度も考え、実行しようとしても、私は縁を切ることができなかったのだから。縁を切ることができないのに、それ以上の関係を求めることができなかったのだから。ああ、なんて面倒な人間になってしまったのだろうかと、常に自問自答する日々であるが、その答えは未だに出てくる気配などない。それは私が考えないようにしているのだから当然ではあるのだが、その根本がわかれば私は変われるのだろうか。


 私にできる選択は、ここで現状維持に甘んじるか、後退を続けるか、終わらせるかである。

憂鬱の始まり

 久し振りの更新。以前の記事を見ると、出張帰りのことが長々と書かれていたが、またこれからその生活が始まるのかと思うと憂鬱な気分になる。


 この一月、いろいろなことがあった。本社に戻ると新入社員が研修に勤しみ、彼らを歓迎する会が幾度も開かれていた。私も2回ほどそこに顔を出したが、やはり本社の人は安心する。この会社に対して安心できるかということはまた別ではあるが・・・。一応、名目は新人の歓迎ではあるのだが、私は新人と話すというより、多くの時間は先輩と話していた気がする。その場では、労働組合の上の人に自部署の勤務体系について改善できないかということを話したり、違う部署ではあるが激務に追われる先輩と愚痴を言い合ったりしていた。きっと、この会話を聞いていた新人はこの会社にあまり希望が見出せないのではないだろうか、なんて考えもしたが隠していても仕方ない。
  「うちの部署は忙しいけど、その分お金はもらえるよ。」
なんて言って見せたが、正直金よりも休みが欲しいのが本音である。最近では、金曜の夕方に土日に出張して働いてこい、なんて理不尽を押し付けられた。そこで驚いたことだが、土日に出勤した際、1日の間で8時間分働かないと代休が取得できないということだ。おかしいな、土日で10時間以上は働いたのに、その補填がないだなんて・・・。

 そういうことが続いたので、もう転職しようかと本気で悩んでいる。ひとまず、土日しっかり休める企業であればそれでいいかもしれない。ただ、正直なところ今の会社よりも給料・福利厚生面で良い、もしくはそれを維持できる会社に入れるかと問われるとかなり微妙である。趣味としての仕事ではなく、生きる上での仕事と割り切っていても、待遇面の変化というものは受け入れがたい。いや、生きる上であるからこそこの変化が受け入れがたい。このまま働いていても、正直体力と精神を削り取られていくのは目に見えてはいるのだが、この天秤はなかなか傾けられない。
 それに転職を考えた時、自分には特別なスキルというものがないということに直面する。これまでの人生では、人より優れた頭を持っていただけであり、それは相対的な価値でしかなかった。絶対的な価値を持たない人間など、組織の外に出てしまえばこれほど脆いものはないだろう。私の人生で後悔するとしたら、そういう一人で生きていけるほどの絶対的な価値やスキルを身に付けなかったことだろう。一人で生きていきたいのに、それを実現する手立てがない。あったとしても、今の安定した企業戦士の身分を捨てられるのか。この天秤もなかなか傾けられないだろう。

 そんなことを考えたとき、大体の終着点は「今の会社で待遇を改善してもらう」という一番確実で姑息な手段に手を伸ばしてしまいたくなる。それなら早く出世していきたい。今の仕事に対するモチベーションなど、その程度のものである。